Coco share Coco share ―ココシェア― 役立つSNS・WEB情報をここからシェア

Coco share > NEWS > 【コロナ対策支援金】一人10万円の《特別定額給付金》受け取り方

【コロナ対策支援金】一人10万円の《特別定額給付金》受け取り方

NEWS

令和2年4月20日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」により、以前の方針(生活に困っている世帯に対して30万円を給付する生活支援臨時給付金)に替わり、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部が設置されました。
❝日本に住んでいる全ての方に一人10万円❞これが特別定額給付金の給付対象者なのですが、これはかなりありがたいものですよね。現在既に申請受付を開始している市区町村もあります。今回はこの特別定額給付金10万円の申請から受給までを詳しく書いていきたいと思います。申請すれば必ず貰うことのできる給付金なので、手続きを間違えたり期限が過ぎてしまったりしないようにしっかりと準備しておきましょう!
2020年5月6日現在

概要

給付対象者及び受給権者

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
受給権者(一時金給付を受ける権利が確定した者)は、その者の属する世帯の世帯主
つまり、受給できるのは世帯主のみで、世帯主が家族の分もまとめて申請し、世帯主の本人名義の銀行口座へ全員分の給付金が振込まれるということです。

※4月27日以降に亡くなった人も対象となりますが、同日以降に生まれた人は対象外です。
※住民票を届け出ている外国人も対象となりますが、外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため、対象となりません。
※海外居住者も住民基本台帳に記載されていて、4月27日までに帰国して日本に居住されている場合は、給付対象者となります。
※収入による条件はありません。

給付額

給付対象者一人につき10万円

受付及び給付開始日

◆市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)
◆「(1)郵送申請方式」「(2)オンライン申請方式」それぞれに受付開始日を設定可能
◆申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内

※市区町村において申請受付開始日が異なりますので、各市区町村のホームページ等でご確認ください。
2020/5/6よりオンライン申請受付開始団体(自治体)を確認することができるようになりました。詳しくはコチラをご確認ください。
https://img.myna.go.jp/pdf/kyuhu/kyuhu-online.pdf
総務省特別定額給付金ポータルサイトより

給付金の申請から給付までの流れ

特別定額給付金の申請方法は、郵送かオンラインの2パターンあります。
オンラインの場合のメリットは申請書を待たずにできることですが、マイナンバーカード(通知カードではNG)が申請の際に必要になるので、持っていない方は残念ながら郵送でしかできないみたいです、、。また、申請受付開始もオンラインの方が早いです。次に各申請方式による申請手続き手順をご説明致します。

郵送方式

⑴市区市区町村から特別定額給付金の申請書が届く
住民票所在の世帯主宛に給付対象者(住民基本台帳に記録されている者)
の申請書が郵送で送られてきます。
※申請書が郵送で届く前に、特別給付金に関する連絡(電話やメール、直接訪問等)があった場合は、詐欺の恐れがあります。

⑵郵送で申請する
①申請書の振込先口座欄に振込先口座を記入する
②振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しを用意する

振込先口座の確認書類→金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給権者名義の口座である場合には不要)
本人確認書類→マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等の写し

③申請書と振込口座確認書類、本人確認書類の3点を住民票所在の各市区町村へ郵送する


⑶給付対象者1人につき10万円ご指定された銀行口座に振り込まれる(給付完了)
※支給日は、各市区町村により異なります。確認は住民票所在の各市区町村へお問い合わせください。

オンライン方式(申請者がマイナンバーカードをお持ちの場合)

オンライン申請を行う場合は、以下の準備が必要になります。

◆申請者(世帯主)のマイナンバーカード
※世帯全員分の申請を行うことができます(マイナンバーカードをお持ちでない家族の分も行うことができます。)
◆マイナンバーカード読取対応のスマホ
◆マイナンバーカード受取時に設定した暗証番号(英数字6~16桁)
※パスワードを忘れてしまった場合は、住民票がある市区町村の窓口にて、パスワードの再設定手続きを行ってください。
(注)パスワードの再設定手続きをする場合は、顔写真付き公的証明書による本人確認が必要となります。詳しくは市区町村の窓口にお問い合わせください。
◆振込先口座の確認書類

⑴マイナポータルへアクセスする
https://app.oss.myna.go.jp/Application/search

※ログインなどはありません。

⑵マイナポータルで申請する
①お住いの市区町村を選択する
特別定額給付金を選択する
③必須事項を入力する
④振込先口座の確認書類をアップロードする
⑤電子署名を付与して送信する(申請完了)
PCの場合
マイナンバーカードをICカードリーダーにセット→署名用電子証明書の暗証番号を入力
スマホの場合
署名用電子証明書の暗証番号を入力→スマートフォンにマイナンバーカードをあててマイナンバーカードを読み取る

※署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。

⑶給付対象者1人につき10万円ご指定された銀行口座に振り込まれる(給付完了)

まとめ

冒頭でも述べたように、これは対象者であれば誰でも貰うことのできる給付金なので申請のし忘れやミスなどをしないように前もって準備しておきましょう。

皆さんはこの10万円の使い道、決めていますか??
このステイホーム期間、家でいる時間が長くなったり一人でいる時間も増えたことと思います。私もひとりになって自分を見つめなおす時間が増えた気がします。そんなときに考えることとして、最近はこの給付金について特に真剣に考えています。(笑)おうち時間に考える議題でオススメです!w

では最後に、申請や受給について分からないことがあった場合について
下記のコールセンターで相談ができます。
【コールセンターの概要】
0120-260020(フリーダイヤル応答時間帯:平日、休日問わず9:00~18:30)
※ 特別定額給付金に関するお問い合わせは上記コールセンター以外ではお受けしていません。

このカテゴリのおすすめサービス

みさりん

【自己紹介】
朝はインスタから始まり夜はインスタで終わるぐらいのインスタヘビーユーザーです。暇さえあればSNSしてます。
返信早めです。趣味はアニメと漫画とシーシャ。時々ネイル。

【アピールポイント】
ミーハーなので、若い子の情報すぐ取り入れがちです。まだまだ追いつかないですが、なんとか若ぶってます!!!
流行りに乗り遅れないように日々研究しています( ´•ω•` )