Coco share Coco share ―ココシェア― 役立つSNS・WEB情報をここからシェア

Coco share > NEWS > コロナショックにどう立ち向かう?様々な面で早めの対策を!

コロナショックにどう立ち向かう?様々な面で早めの対策を!

NEWS

はじめに

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

4月7日に7都府県で緊急事態宣言が発令されました。
今、日本は大変重要な局面を迎えています。
早期の終息、そしてご自身と大切な人の命と健康を守るため、私たちはこれまで以上に危機感を持って対策していく必要があります。

身体的予防対策

自分自身がコロナに感染しない、感染させないためにはまず、一人一人の意識が必要です。
手洗い・うがい、換気、咳エチケットの徹底などはもちろん、3密を避けて、とにかく家にいることが大切です。
また、バランスのとれた食事や適度な運動、充分な睡眠やストレスをためすぎないことも、重要です。
外に出る際は、とにかく「ソーシャルディスタンス」を心がけて行動しましょう。

意外と、今まで忙しくて偏った食事だったり睡眠も充分に取れていなかった方も少なくないのではないでしょうか?
コロナで困難な状況にある今こそ、一度自分の生活習慣だったり、立ち止まって自らが置かれている環境を冷静に見つめ直す、いい機会なのではないでしょうか。

会社内、家庭内での対応

今、流行語になりそうな程よく聞くワードの一つで、テレワークやオンライン会議などがありますね。こういった対策を取っている会社も少しずつ増えてきました。

今までもテレワークで仕事をしてきた方たちもいましたが、今回の件で更に幅が広がったと思います。また、この結果はコロナの流行が終わっても続いていくはずです。

長時間の通勤時間を削減できることやコストの削減など、会社にとっても見つめなおす機会になっていると思います。
また、一部の地域や通信教育、塾などでは学生の皆さんにもオンライン学習のカリキュラムが組まれていたり解説動画を配信していたりなど、様々な対策をしていますよね!
このような動きが全国でも広がるといいですね、、!

今はとにかく家にいることが大切です。家の中でもできることは沢山あります。料理や映画鑑賞、家族での他愛もない会話など普段忙しくてできないことができるいい機会ですので是非この機会を、この時間を、有意義なものにしましょう♪

最近は飲食店でもテイクアウトの動きも高まっています。レストラン検索・予約サイト「食べログ」では「テイクアウトができるお店」の情報を発信しています。普段はテイクアウトをしていないところも外出自粛要請の長期化に伴い、一般向けにもテイクアウトメニューが続々登場しています。
これはお店側にとっても私たちにとってもありがたいことですよね。

家でのご飯作りに疲れてしまったらテイクアウトをしてみてはいかがでしょうか?きっと新鮮な気持ちになるはずです。

コロナ鬱などの言葉もよく耳にするようになりましたので、家での生活に飽きてしまったら体を動かすなど、適度に息抜きも忘れないようにしてください!自粛の毎日になんとなく心が疲れてしまったら、、「#赤ちゃんと犬」をInstagramで是非検索してみてください(*´ω`)きっと癒されること間違いなしです!
この先には平和と癒ししかありません!こんなときは皆さんでほっこりしましょう。心身の健康を大切に。

経済対策

コロナの影響により、日常生活には様々な支障が出てしまっていることと思いますが、事業者の方々にとっては特に売上などに支障が出てしまい悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この影響による中小企業に対する緊急融資は、日本政策金融公庫や商工中金といった金融機関による実質無利子・無担保の融資が、3月より行われています。
また、客足や売上げ等の減少など経営に影響を受けている旅館業や飲食店営業などの中小企業を対象とした「特別融資制度」が東京23区内の自治体でも続々と創設されていますが、相談が殺到し申込・審査に時間がかかっています。

今(2020年4月10日現在)申し込んでも、融資実行は早くても5月の中旬から下旬以降になりそうというのが現実です。

そこで、私たちは資金調達に対して多数の経験のある各士業の方々と提携し、日本政策金融公庫の[新型コロナウイルス感染症特別貸付]の融資サポート、相談窓口を開始することとなりました。

もちろん、自らこのコロナ融資の申請を出すことは可能です。
ですが、何点かデメリットがあるのが正直なところです。先ほども前述したように、まずスピードが遅い。遅い場合は2か月3ヶ月先になってしまいます。

その他にも、
・どの書類を用意すればいいのかわからない
・申請書類の作成が手間
・日本政策金融公庫との面談について

など意外と難しいものです。

まず、申請書類に不備などがあって審査に落ちてしまったら二度と受けられません。こうなっては元も子もありません。

私たちのサポートでは、申請書類サポートや書き方について丁寧にサポートいたします。
待っていても誰も教えてくれません。些細なことでも気になることがありましたら是非ご相談ください。

次に申請が完了すると、日本政策金融公庫との面接があります。面接でのトークによっては減額されることもあります。このようなことを防ぐ為の面接時のアドバイスも行います。

◆申請書類の手配
◆申請書類作成のサポート
◆日本政策金融公庫との面接アドバイス

上記についてしっかとりとしたサポートを行いますので、融資をご検討をされている企業様は是非一度ご連絡頂けたらと思います。

———————————————-
株式会社original / 融資サポート相談窓⼝
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-11-7 三ッ星ビル1号館5F-B
https://original-inc.com

電話相談:03-6455-7955(平日10時~18時)
メール相談:https://original-inc.com/support
———————————————-

この危機を力を合わせて乗り越えましょう。
詳しくはこちらからご確認ください。

日本政策金融公庫/『新型コロナウイルス感染症特別貸付』

<P.S.>
・民間企業とそのリーダーたちを巻き込み、民間の資源と能力を活用しなくてはならない
・恐怖ではなく、事実に基づいて行動しなくてはならない。信頼できる情報によって意思決定できるようにすることが必要だ
・一人ひとりが力を合わせれば、危機の影響を和らげることができ、将来的なリスクへの耐性を高められる
世界経済フォーラム(WEF)ボルゲ・ブレンデ総裁はこう話しています。

融資を受け、融資を受けた今だからこそできること、社会への貢献、企業としてメリットがあるやり方、を満たすプロモーションを打つことができれば、会社の未来は明るくなるはずです。

コロナの感染流行はいつか必ず終わりが来るはずです。それを願うしかありませんが、大切なのは、その時を見据えて企業はSNSでも広告でもPRでも、今自分たちにできることから考えてみましょう。

日本も世界も、コロナウイルスを抑制させつつ経済活発のムードを出していくことで、「コロナは止めても経済は止めるな!」の流れになっていけばいいですね!

終わりに

緊急事態宣言が出てもいつも通り働いている方たちがいます。
スーパーやホームセンターなど、そこで働いている方々には頭が下がります。
ありがとうございます。
毎日コロナの感染で不安に押しつぶされそうだと思います。
そのような方たちのことを忘れないでください。

そしてコロナが終息したら、、会いたい人、やりたいこと、行きたい場所、などなどもうたっくさんあると思います。
今までもストレスめちゃくちゃ溜まりましたよね。

でも全てが終わったら、、自分を解放してあげてください!
頑張ってきた自分を沢山褒めましょう。コロナが終わったらやりたいことなどを沢山書き出しましょう。行きたい場所もピックアップしてみてください。
そしてそれまでは、もうただただめちゃくちゃ頑張りましょう。

医療従事者の方々は今も目の前の脅威に晒されながらいつも以上に働いているのです。
私たちにできることは何か、今一度考えて行動しましょう。
一人一人の国民が賢明な判断ができる国だと思われるように、さすが日本だなと言われる国にしましょう。
日本はそれをできる国だと私は信じています。

会えなくても世界は繋がっています。
今こそ団結して乗り越えるときだと思います。

このカテゴリのおすすめサービス

みさりん

【自己紹介】
朝はインスタから始まり夜はインスタで終わるぐらいのインスタヘビーユーザーです。暇さえあればSNSしてます。
返信早めです。趣味はアニメと漫画とシーシャ。時々ネイル。

【アピールポイント】
ミーハーなので、若い子の情報すぐ取り入れがちです。まだまだ追いつかないですが、なんとか若ぶってます!!!
流行りに乗り遅れないように日々研究しています( ´•ω•` )