Coco share Coco share ―ココシェア― 役立つSNS・WEB情報をここからシェア

Coco share > トレンド > 【Instagram】ビジネスを支援するギフトカードスタンプとは?

【Instagram】ビジネスを支援するギフトカードスタンプとは?

トレンド

Instagramは5月12日に飲食店や小売店などのビジネスを支援する、『ギフトカード』機能を導入することを発表しました。Instagramでは今、利用できるスタンプが続々と増えていっています。その中の一つ『ギフトカード』についてご紹介したいと思います!

『ギフトカード』とは

新型コロナウイルスの影響で営業の継続が難しくなったり、売上が減少したりしているビジネスが増える中、クーポン券や優待券などのギフトカードを購入することで中小ビジネスを支援することができる機能で、ユーザー(お客さん側)はストーリーズ内のスタンプや、プロフィールページのアクションボタンからギフトカードを購入できる仕組みになっています。
ギフトカードは、提携するプラットフォームを通じて販売することができます。日本では、株式会社キッチハイク、Square株式会社、株式会社TableCheckの3社と協業し、この機能を導入しています。Instagramのビジネスアカウントで、この3社(キッチハイク、Square、TableCheck)の加盟店であれば、スタンプの利用やアクションボタンの設定を無料で行うことが可能です。

Instagram引用出典:Instagram

『ギフトカード』機能の使い方

次に店舗側のスタンプの出し方を解説していきます!
まず、プロフィールページの左上のアイコンをタップしてストーリーズを立ち上げます。

ストーリーズ

画像を選ぶ場合はライブラリから選択してください。
画像無しの場合は作成モード(CREATE)から作成します。
もちろん動画でも大丈夫です!

createモード

真ん中上部の四角い顔マークをタップして、スタンプ一覧を出します。
『ギフトカード』をタップします。

ギフトカード

『食事の注文』スタンプと同じような手順になりますが、提携している3社の中からパートナー(加盟店に入っている)を選択します。

パートナーを選択

パートナーリンク(URL)を入力します。
パートナーリンクはいつでも編集・削除できます。

URLを入力

これで『ギフトカード』のスタンプを利用することができます。

まとめ

この『ギフトカード』機能ですが、友達に情報を広めてお気に入りのビジネスを支援したいユーザーは、ビジネスがストーリーズに投稿した『ギフトカード』スタンプを自分のアカウントでシェアすることもできます!スタンプをタップして、[ストーリーズにスタンプを追加] オプションから、自分の投稿でもシェアできます。

いよいよ、Instagram内で全てが完結するようなシステムになってきましたね!
Instagramは進化を遂げて、どんどん便利なSNSに発展していっています。
今後の動きも楽しみですね♪

このカテゴリのおすすめサービス

みさりん

【自己紹介】
朝はインスタから始まり夜はインスタで終わるぐらいのインスタヘビーユーザーです。暇さえあればSNSしてます。
返信早めです。趣味はアニメと漫画とシーシャ。時々ネイル。

【アピールポイント】
ミーハーなので、若い子の情報すぐ取り入れがちです。まだまだ追いつかないですが、なんとか若ぶってます!!!
流行りに乗り遅れないように日々研究しています( ´•ω•` )